二年参り ({{engl}})

二年参り(にねんまいり)とは初詣(はつもうで)の形式の一つである。
大晦日の深夜零時を境に前後にお参りすることから、2年にまたがってするため、この名がある。

単純に深夜零時頃一回一箇所の神社にお参りする場合が多いが、除夜に一度参拝して一旦家に帰り、元旦になって再び参拝するという形式をとることも有る。
また、お参りは氏神様にするのが基本だが、現住所の近場の神社ですませたり、有名な大きい神社(例:明治神宮・熱田神宮)へ参拝に行く場合も有る。
そのため、公共交通は大晦日に限り深夜も休まず運行される慣習がある。

[English Translation]