多比理岐志麻流美神 ({{engl}})

多比理岐志麻流美神(たひりきしまるみのかみ)は、日本神話に登場する神 (神道)である。

『古事記』の大国主神の系譜に5世の孫神として登場するが、神名のみで事跡も語られていないため、その名義も不明である。
ちなみに、大国主神の4世の孫神、甕主日子神(みかぬしひこのかみ)が淤加美神の娘比那良志毘売(ひならしびめ)を娶って生んだ子神と記述されている。

[English Translation]