山科神社 ({{engl}})

山科神社(やましなじんじゃ)は、京都府京都市山科区にある神社である。
旧社格は村社。
式内社名神大社「山城国宇治郡 山科神社二座」の論社である(他の論社は岩屋神社 (京都市))。

ヤマトタケルと、その子の稚武王を祀る。

歴史
社伝によれば、寛平9年(897年)、宇多天皇の勅命により創建された。
当地の豪族・宮道氏の祖神であり、山科一宮、総氏神として崇敬を受けた。

岩屋神社は当社奥の院であるとしており(現在は独立の神社)、大石良雄が山科に隠棲していたとき、岩屋神社に参篭して大願成就を祈ったと伝えられる。

[English Translation]