延喜式神名帳 ({{engl}})

延喜式神名帳(えんぎしき じんみょうちょう)とは、延長 (日本)5年(927年)にまとめられた『延喜式』の巻九・十のことで、当時「官社」とされていた全国の神社一覧である。
延喜式神名帳に記載された神社を、「延喜式の内に記載された神社」の意味で延喜式内社、または単に式内社(しきないしゃ)、式社(しきしゃ)といい、一種の社格となっている。

元々「神名帳」とは、古代律令制における神祇官が作成していた官社の一覧表のことで、官社帳ともいう。
国・郡別に神社が羅列されており、祭神、社格などが記されている。
延喜式神名帳とは、延喜式がまとめられた当時の神名帳を掲載したものである。
延喜式神名帳に記載された神社(式内社)は全国で2861社であり、そこに鎮座する神 (神道)の数は3132座である。

式内社は、延喜式がまとめられた10世紀初頭には朝廷から官社として認識されていた神社であり、その選定には政治色が強く反映されている。
当時すでに存在したはずであるのに延喜式神名帳に記載されていない神社を式外社(しきげしゃ)という。
式外社には、朝廷の勢力範囲外の神社や、独自の勢力を持っていた神社(熊野那智大社など)、また、神仏習合により仏を祀る寺であると認識されていた神社、僧が管理をしていた神社(石清水八幡宮など)、正式な社殿を有していなかった神社などが含まれる。
式外社であるが六国史にその名前が見られる神社のことを特に国史現在社(国史見在社とも)と呼ぶ(広義には式内社であるものも含む)。

式内社の社格
式内社は各種の種別がある。
まず官幣社と国幣社の別である。
官社とは、毎年2月の祈年祭に神祇官から幣帛を受ける神社のことであり、各神社の祝部が神祇官に集まって幣帛を受け取っていた。
これが、延暦17年(798年)、それまで通り神祇官から幣帛を受ける官幣社と、その令制国の国司から幣帛を受ける国幣社とに分けられた。
式内社では、官幣社が573社737座、国幣社が2288社2395座である。
国幣社が設けられたのは、遠隔地の神社では祝部の上京が困難であるためとされているが、遠隔地でも重要な神社は官幣社とされている。

次が大社と小社の別である。
この別はその神社の重要度や社勢によって定められたと考えられている。
官幣社・国幣社および大社・小社は全ての式内社について定められているので、式内社は以下の4つのいずれかに分類されることになる。

官幣大社
-- 198社304座
国幣大社
-- 155社188座
官幣小社
-- 375社433座
国幣小社
-- 2133社2207座
官幣大社は畿内に集中しているが、その他の地方にも分布している。
官幣小社は全て畿内に、国幣大社・国幣小社は全て畿外にある。
なお、近代社格制度にも同じ名称の社格があるが、式内社の社格とはその示す意味が異なる。
また、近代社格制度の社格は延喜式における社格とは関係なく、制定時の重要度や社勢に応じて定められている。

式内社の中には、祈年祭以外の祭にも幣帛に預かる神社があり、社格とともに記されている。

名神
-- 特に霊験著しい「名神」を祀る、臨時祭の名神祭が行われる神社。
全てが大社であることから名神大社(名神大)という

月次
-- 月次祭(6月と12月の年2回行われる祭)に幣帛を受ける神社
相嘗
-- 相嘗祭(新嘗祭に先立ち新穀を供える祭)が行われる神社
新嘗
-- 新嘗祭(毎年11月に行われる一年の収穫を祝う祭)に幣帛を受ける神社

論社
式内社の後裔が現在のどの神社であるのかを比定する研究は古くから行われている。
神社の社名や祭神、鎮座地が変更されていたり、他の神社に合祀されていたり、また、一度荒廃した後に復興されたりした場合、式内社の後裔と目される神社が複数になることがある。
その場合それぞれの神社を論社という。
論社には、他者の研究によって後裔社だとされることもあるが、その神社自らが式内社であると主張する場合も多く見られる。

近年、現存の式内社についての全国調査が行われており、その結果が『式内社調査報告』(式内社研究会 編、皇學館大学出版部)として刊行されている。

[English Translation]