洩矢神 ({{engl}})

洩矢神(もりやしん、もれやしん)は、長野県諏訪地域を中心に信仰を集めた土着神。
諏訪信仰の一翼を担う神である。
史料としては『諏訪大明神絵詞』にその存在が確認できる。
ミシャグジと同一視されることもある。

『諏訪大明神絵詞』などの伝承によれば洩矢神は古来諏訪地方を統べる神であった。
しかし建御名方神が諏訪に侵入し争いとなった。
洩矢神は鉄輪を武具として迎え撃つが、建御名方神の持つフジ (植物)の枝により鉄輪が朽ちてしまい敗北した。
以後、洩矢神は諏訪地方の祭神の地位を建御名方神に譲り、その支配下に入ることとなったという。
また、その名が残る洩矢神社(長野県岡谷市川岸区橋原)はこの戦いの際の洩矢神の本陣があった場所とされる。

中世・近世においては建御名方神の末裔とされる諏訪氏が諏訪大社上社の大祝を務めたのに対し、洩矢神の末裔とされる守矢氏は筆頭神官である神長を務めた。

[English Translation]