狩衣 ({{engl}})

狩衣(かりぎぬ)は平安時代以降の公家の普段着。
もともとは狩の時に着用したのでこの名前がついた。
しかし、活動的であることから次第に普段着として定着した。
その後、時代を経るに従って公服としての色彩を増し、直垂に継ぐ武家(従四位下侍従・所司代クラス)の礼服ともなった。
ただし、狩衣姿での参内(御所への出入り)は一切認められなかった。
現在では、神職の常装となっている。

狩衣装束の構成は、下着を着て指貫(あるいは差袴)をはき、狩衣を着るだけである。
また、烏帽子をかぶる。

普段着という性質上、狩衣の色目・紋様は全くの自由である。
ただし、禁色は避けられた。

なお、白色の無紋狩衣・無紋指貫の形を「浄衣(じょうえ)」といい、専ら神事に用いられた。

形状・構成

和服用語集や直衣と同じ「襟紙」という芯を入れた盤領(まるえり/立首の円い襟)で袖の広い衣装。
ただし、身頃は半分の一巾で脇を縫わない。
袖を後ろ身頃に縫いつけ、腕の上げ下げがし易くなっている。
脇のあいた部分からは単(ひとえ)が見えるが、現在の神職などは略すことが多い。

襟の留め方は袍と同様に「蜻蛉」という留め具を受け口に引っ掛けるタイプのもの。
形状の似る水干(紐を結んでとめる)とは襟で見分けることが出来る。

袖には「袖括り」と呼ばれる紐が通してあるので、紐を引けば巾着のように袖口が狭まった。
この紐は若年ほど幅広で派手なものを用い、以後だんだん目立たないものとなる。

白小袖の上に単(あるいは袷仕立ての衣)を重ね狩衣を着用する。
帯は「当帯」(あておび)と呼ばれる共布の布帯を用い、立烏帽子をかぶる。
袴は現在は指貫(括り緒の袴)あるいは差袴(切袴の一種)が一般的である。
だが、室町時代までは下級貴族は六幅(指貫は八幅)の白い麻布で仕立てた軽快な狩袴を合わせた。
さらに身分が低いと四幅の狩袴を使うこともあった。

狩衣の歴史

狩衣はもともと都の中産階級の人々のお洒落着であった布衣(ほうい)に由来する。
布と言う字からも解るとおりもともと麻布製の素朴なものであったが、動きやすさを好まれて貴族が鷹狩りなどの衣装として採用した。
平安初期には上皇以下の貴族の日常着になった。

これに伴って生地も綾などの高級絹織物となった。
高位の貴族の着るものを「狩衣」(模様有り、袷仕立て、ただし、室町以降夏物には裏地なし)それ以外を布衣(ほい/「ほうい」と呼ぶと狩衣全体を指す/無紋、裏地なし)と呼び分けた。
ただし、日常着であるため宮中への出入りは認められなかった

平安時代中期には国風文化の隆盛とともに「みやび」と言う価値観・美意識が広まった。

貴族達は狩衣の表地と裏地の色に工夫を凝らし、裏地の色が薄い絹を通して表にほんのり現れる様子に優美な名称をつける「色目」が考え出された。
ただし、上級貴族の場合、四十歳を迎え「四十の賀」の祝いの後は老人と見なされ白い裏地しか使えなくなった。

平安時代末期の院政期に入ると、直衣に続き狩衣で院に出入りすることが一般化。

上皇本人も狩衣を着用するため「布衣始」(ほういはじめ)の儀式のあとは自由に狩衣を着ることができるように。
下着に白小袖を使うようになったのもこのころ。

近世武家社会において狩衣は礼服と認められた。
武家では従四位下侍従クラス(所司代など)の、無紋の布衣は旗本クラスの礼服とされ、公家では殿上人以上大納言以下、布衣は地下クラスの参内への付き添いなどで着用された。

現代では、神職の常装として着用されている。

[English Translation]