神官 ({{engl}})

神官(しんかん)とは、国家の官吏として、何らかの神に仕える、または神を祀る施設に奉職する者のことである。
現在、日本には神官は存在しない。

日本の神道に関しては、古文献に神職(神社の祭祀や事務に従事する者)を指す語として用いられる例が散見され、現在も日常語では神職の通称として用いられている。
明治時代初期に神祇官が再興された際、全ての神職が官吏(神職=神官)になったが、制度上の問題から伊勢神宮・官国幣社の神職に限定され、1894(明治27)年以降は伊勢神宮の神職のみが官職としての神官とされた。
大東亜戦争敗戦の後、連合国軍最高司令官総司令部によって出された神道指令によって制度上の神官は廃止された。

また、古代エジプト、古代ギリシア、古代ローマなどで神殿に奉職していた者(主として男性)のことも神官と呼ばれる。

サブカルチャーと神官の語
ファンタジーやロールプレイングゲームなどにおける「神官」は、特に何の宗教ということはなく聖職者という意味合いであったり、キリスト教の聖職者(司祭・牧師)のことを神官と呼んでいたりする。

[English Translation]