神道集 ({{engl}})

神道集 (しんとうしゅう)は、日本の中世の説話集・神道書。

安居院唱導教団の著作とされ、南北朝時代 (日本)中期に成立したとされている。
全10巻で50話を収録。

関東など東国の神社の縁起を中心としつつ、本地垂迹説に基づいた神仏に関する説話が載っている。
「諏訪縁起事」は甲賀三郎伝説を伝えるものとして知られる。

構成

1巻 : 神道由来之事、宇佐八幡宮事、正八幡宮事、鳥居事、御正体事。

2巻 : 熊野権現事、二所権現事。

3巻 : 高座天王事、鹿島大明神事、香取大明神事、熱田大明神事、祇園大明神事、赤山大明神事、稲荷大明神事、武蔵六所大明神事、上野国九ヶ所大明神事。

4巻 : 信濃鎮守諏訪大明神秋山祭事、諏訪大明神五月会事、越後国矢射子大明神事、越中国立山権現事、能登石動権現事、出羽国羽黒権現事。

5巻 : 日光権現事、宇都宮大明神事、春日大明神事、御神楽事、天神七代事、地神五代事、女人月水神忌給事、仏前二王神明鳥居獅子駒犬之事、酒肉備神前事。

6巻 : 吉野象王権現事、三島大明神事、上野国児持山事、白山権現事。

7巻 : 上野国一宮事、蟻通明神事、橋姫明神事、玉津島明神事、上野国勢多郡鎮守赤城大明神事、上野第三宮伊香保大明神事、摂津芦刈明神事。

8巻 : 上野国赤城山三所明神内覚満大菩薩事、鏡宮事、釜神事、富士浅間大菩薩事、群馬桃井郷上村内八ヶ権現事、上野国那波八郎大明神事。

9巻 : 北野天神事。

10巻 : 諏訪縁起事。

[English Translation]