黄泉軍 ({{engl}})

黄泉軍(よもついくさ)は、日本神話において黄泉に棲むとされる鬼達。
黄泉戦とも。

イザナギが黄泉の国の住人となったイザナミを見て逃げ出した時、イザナミは怒って1500人もの黄泉軍を放った。
イザナギは黄泉の国と地上の境である黄泉比良坂(よもつひらさか)の坂本に辿り着くと、そこに生えていたモモの木から3つの桃を取った。
そしてそれらを黄泉軍に投げつけると、黄泉軍は退散したという。

[English Translation]