亀山城 (丹波国) ({{engl}})

亀山城(かめやまじょう)は、丹波国桑田郡亀岡(現在の京都府亀岡市荒塚南)にあった城。
明智光秀によって丹波統治の拠点として築城され、江戸時代初頭には重要拠点として近世城郭として整備された。
現在は大本の本部が置かれている。

戦国時代

織田信長の命を受けて丹波攻略に従事中であった明智光秀が、口丹波にある亀岡盆地の中心であった亀山に天正6年(1578年)から築城した。
丹波平定後はそのまま丹波経営の拠点となったが、光秀は天正10年(1582年)に本能寺の変を起こし、まもなく豊臣秀吉に敗れて、逃走中に討死。
その後は天下を統一した秀吉の重要拠点として一門の羽柴秀勝・羽柴秀俊などが入った。

江戸時代

秀吉の死後に天下を手中にした徳川家康もこの城を重要視し、慶長14年(1609年)に譜代大名である岡部長盛(在任1609~21)を入封させ、丹波亀山藩主に任じた。
さらに「天下普請」により幕府が西国大名に命じ近世城郭として亀山城を大修築した。
藤堂高虎が縄張りを勤め、慶長15年(1610年)夏ごろに完成し、本丸には五層の層塔型天守が上がった。
この天守は、本来今治城で使用する目的であったものを転用したものである。

明治維新以降

1873年(明治6年) 陸軍省が城の存廃を決定し建物の一部を払い下げる。

1877年(明治10年)政府が廃城処分を決定する。

1889年(明治22年)市町村に払い下げされ転売される。

1919年(大正8年) 管理ができず放置され荒廃していたが、宗教法人大本が購入して整備し、現在に至る。

遺構

天守台・石垣・堀・土塁などは昭和10年の政府による大本弾圧の際に殆どが破壊されてしまった。
新御殿門(長屋門)は亀岡市立千代川小学校に移築されている。

アクセス

西日本旅客鉄道山陰本線亀岡駅から南へ徒歩10分。
ただし城郭は宗教法人大本の敷地であるため、見学には入口受付で許可を取る必要がある。
また、城門の移築先の千代川小学校へは同千代川駅下車、西へ徒歩5分。

[English Translation]