五条大橋 ({{engl}})

五条大橋(ごじょうおおはし)は、京都府京都市を流れる鴨川に掛かる橋。
橋上を五条通(国道1号)が通る。
下京区と東山区の境界でもある。

橋上からは比叡山などの山を見渡すことができる。
五条大橋は武蔵坊弁慶と源義経の伝説で有名であり、橋の西側、河原町通との交差点近くのグリーンベルト内には、その状景を模した京人形(御所人形)風の2体の石像を見ることもできる。

但し、平安時代の五条通は、現在の松原通であり、当時の「五条の橋」は、現在の松原橋辺りであった、あるいは鴨川には橋がなく西洞院通であったとも推定されている。

また、橋の西北側には、かつてこの地にあった御影堂(新善光寺)扇にちなんだ扇塚がある。

橋の東側は、地下に京阪電気鉄道の五条駅_(京阪)がある。
また、その東に伸びる五条通が、西大谷や清水寺へと続く五条坂である。

[English Translation]