京町家 ({{engl}})

町家(ちょうか、まちや)とは、主に京都の職住一体型の住居形式。
建築様式としては「町家造り」と呼ばれる。
「まちや」と読む場合は町屋とも書く。
店舗としてみる場合は町屋と書く、住居としてみる場合は、民家の一種であり、町家と書くことが多い。
ただし歴史的には、「店屋」と書いて「まちや」と読んでいた。
住居を指す町家という語は比較的新しい。
昭和初期までは、町家(ちょういえ)とは町の集会所のことを指した。

概要

平安時代中期ころより発展し、江戸時代の中ごろには現在残る形にほぼ近いものとなった。

外観は、紅殻格子(べんがらこうし)と呼ばれる色の濃い格子、虫籠(むしこ)窓、犬矢来などが特徴的である。
2階建てが多いが、平屋や3階建てもある。

町家の立地する敷地は、間口が狭く奥行きが深いため、「うなぎの寝床」と呼ばれる。
これは、江戸時代頃に町費が間口に応じて決められたためであるとする俗説が流布している。
しかし、これは誤りである。
通りに多くの家屋を建ち並ばせるためには、必然的に間口が狭く、奥行きが深くなる。

京都に現存する町家は、1864年の蛤御門の変ののちに発生した大火(どんど焼)以降に建てられたものがほとんどである。
1998年の京都市の調査によると、町家は市中心部だけで約28,000軒残っており、毎年1,000軒程度が失われている。

京町家の種類

厨子二階(つしにかい)
2階の天井が低く、虫籠窓がある。
江戸時代から明治時代にはやった様式。
大名行列を見下ろしてはいけないことから、2階の天井が低く抑えられ、物置としての用途で許可されていた。

総二階(そうにかい)
2階の天井が1階並みにあり、窓はガラス窓。
明治後期から昭和初期にはやった様式。

平屋(ひらや)
1階建ての町家。
中世の町家はほとんどが平屋であった。
なお、今日の建築では「平家」と表記することが多い。

三階建(さんかいだて)
3階建ての町家。

仕舞屋(しもたや)
住居専用の町家。
店を「仕舞った」つまり商いをやめた店からきている。

大塀造(だいべいづくり)はその一種で、特に塀付きの屋敷をいう。

看板建築(かんばんけんちく)
町家の表側を近代的に改装したもの。

構造

京町家は、在来工法と異なり、基礎に石(一つ石、玉石)を用い、壁は漆喰塗り籠の大壁造りや真壁 (建築)造りである。
建物の構造材には継手・仕口・ほぞを用い大栓、だぼ、楔などで補強される。
在来工法では、基礎は鉄筋コンクリートによる布基礎、新建材や木板の張り壁やモルタル塗りの大壁造りが多い。
継手・仕口は金物によって補強される。

部位

虫籠窓(むしこまど)
明治期までの町家の2階部分に使われた標準的な窓。

犬矢来(いぬやらい)
道路に面した外壁に置かれるアーチ状の垣根。
竹や木などでできたものが多いが、現在は金属製も多く用いられる。
馬のはねる泥、犬走りと呼ばれる軒下を通る犬や猫の放尿から壁を守るもの。
駒寄せから発展したとも言われ、泥棒が家に入りにくい効果もある。

ばったり床几(しょうぎ)
折りたたみ式のベンチ。
ばったん床几ともいう。

鍾馗さん(しょうき)
受験の神様・疫病除けの神の瓦人形。
入り口の小屋根の上に置かれる。

唐の玄宗皇帝がマラリアに罹った際、武将が夢の中にあらわれて、皇帝を苦しめていた悪鬼を退治した。
皇帝が尋ねると、科挙に失敗したため自殺したが、玄宗皇帝に手厚く葬られたため恩義に報いてはせ参じた鍾馗という人物だった。
名前は、こういう故事に由来する。
端午の節句にも用いられる。

庭(にわ)
町家の多くは裏庭がある。
また、玄関から裏庭までの土間の部分を通り庭と言う。
大規模な町家の場合、途中に坪庭と呼ばれる小規模な庭がある。

これらの庭は、いずれも採光、風の通り道としての機能を兼ね備えている。

格子(こうし)
京町家に特徴的な格子。
接道部に用いられる。
光を採り入れ、中からは外が見えるが外からは中が見えにくい。
ガラスの登場により衰退しつつある。

多くは、紅殻(べんがら)と呼ばれる酸化第二鉄(赤サビ)を主成分とした粉末にエゴマ油などを混ぜて塗られているため、紅殻格子とも呼ばれる。
紅殻には防腐、防虫効果がある。
顔料の紅殻(紅柄、弁柄)は、産地であるインド北東部の地名ベンガル地方に因んでいる。

格子の形は構造、形態、職業などによって分類できる。

構造

出格子

平格子

形態

親子格子

子持格子

連子格子

切子格子

板子格子

細目格子

目板格子

職業

米屋格子

酒屋格子

麩屋格子

染屋格子

郭格子

炭屋格子

糸屋格子

堺屋格子

仕舞屋格子

[English Translation]