住友活機園 ({{engl}})

住友活機園(すみともかっきえん)は、滋賀県大津市にある歴史的建造物。
住友財閥2代総理事・伊庭貞剛が引退後に居住した邸宅であり、明治時代後期を代表する邸宅建築である。
大津市田辺町10番14号に位置する。

伊庭貞剛は1904年(明治37年)にここに隠居し、1926年(大正15年)にこの地で没した。
「活機」とは「俗世を離れながらも人情の機微に通じる」という意味。
洋館と和館、庭園からなり、「明治後期の大邸宅の姿を完全に伝える稀有な例」として2002年(平成14年)に建物6棟と土地が重要文化財に指定された。
住友林業が所有し、住友不動産が管理。
維持管理費も住友グループ各社が拠出している。

文化財

重要文化財
洋館
- 野口孫市設計、1904年建
和館
- 八木甚兵衛設計、1904年建
新座敷
- 1922年建
東蔵
- 1904年建
西蔵
- 1904年建
正門
- 1904年建
土地(宅地及び山林)
附指定: 茶室、四阿(あずまや)、鎮守堂

[English Translation]