依水園 ({{engl}})

依水園(いすいえん)は奈良県奈良市にある回遊式庭園(日本庭園)。
国指定の名勝。

概要

前園と後園の二つに分かれており、それぞれが異なった景観を見せる。
前園は寛文12年(1673年)に晒職人であった清須美道清の作庭で、茶室「三秀亭」がシンボル。
後園は明治時代に実業家関藤次郎が築いた築山式の池泉回遊式庭園で、作庭は裏千家十二世又妙斎宗室による。
寧楽の都をモチーフとし、若草山や東大寺南大門などを借景とする。
いずれも大和川支流吉城川(よしきがわ)の水を引いている。
海運業で財を成した中村家が1939年に買い取り、前園と後園を合わせた形に整備した。
1969年には、中村家所蔵の美術品を展示するため、寧楽美術館を建設して一般公開している。

名の由来は諸説ある。
池が吉城川の水に依っているためという説や、然庭園内の池が草書体の水の形をしていることに由来するという説、杜甫の「名園緑碌水」の句に由来するなどの説があるが、はっきりしたことは分かっていない。

園内の建造物

三秀亭
挺秀軒
柳生堂
氷心亭
清秀庵
寧楽美術館

所在地・交通

所在地 - 奈良県奈良市水門町74
交通アクセス - 近鉄奈良線 近鉄奈良駅 徒歩10分

周辺

吉城園(隣接)
奈良公園

[English Translation]