共楽公園 ({{engl}})

共楽公園(きょうらくこうえん)は、京都府舞鶴市のほぼ中央、中舞鶴地区のそのまた中央に位置する公園。

概要

標高約47mの小山の頂にある。

山全体には、ソメイヨシノやヤマザクラなど約800本のサクラが植えられており、春には山全体がピンク色に変わるほど咲き乱れていた。

アロハ桜

第二次世界大戦、連合国軍最高司令官総司令部の日系2世が、自分の親のために用意した資金で、荒廃した街と市民を元気付けようと、桜の苗木を購入した。
だが、急な転勤命令が出て、買ったものの植えることなく、舞鶴を去ることになった。

その後、鉄道駅に残された苗木を、同僚や市民が植えたとされ、それらの桜を「アロハ桜」と呼ぶようになったという。

[English Translation]