国立国会図書館関西館 ({{engl}})

国立国会図書館 関西館(こくりつこっかいとしょかん かんさいかん)は、京都府相楽郡精華町にある国立国会図書館の関西本館。

東京都千代田区永田町に所在する国立国会図書館・東京本館の蔵書収容能力が限界に達しつつあるため、高度情報化社会に対応した「電子図書館」の機能をも盛り込み、2002年10月に京都府相楽郡精華町の関西文化学術研究都市に開館した。
建築家陶器二三雄設計の建物は日本建築学会賞を受賞している。

沿革

1978年11月 「近畿圏基本整備計画」の内閣総理大臣決定:関西の自治体や学会、経済界から「第二国立国会図書館」(仮称)の設置要望が高まる。

1982年6月 国立国会図書館関西プロジェクト調査会が発足。

1987年4月 同調査会、京阪奈丘陵(後の関西文化学術研究都市)への「第二国立国会図書館」の設置を答申。

1987年5月 「国立国会図書館第二国立国会図書館(仮称)設立計画本部」が設置される。

同年7月 同本部「国立国会図書館関西館(仮称)設立に関する第一次基本構想」を館長に提出。

1991年8月 特別顧問会議、「国立国会図書館関西館(仮称)設立に関する第二次基本構想」を策定。

1994年5月 関西館準備室設置。

同年12月 国立国会図書館建築委員会、関西館の建設を国会に勧告、「国立国会図書館関西館(仮称)建設基本計画概要」を提出。
参議院(同月)および衆議院(翌年1月)がこれを了承。

1996年8月 陶器二三雄の設計が採用される。

1998年10月 関西館の建設工事が着工される。

2002年3月 完工、引渡式挙行。

同年4月 関西館設置

同年9月 本館からの資料移転が終了。

同年10月 関西館、開館。

特徴

遠隔地へのサービスとアジア情報に重点を置いている。
また、関西館設置に伴い、国内出版物の納本冊数が2冊となったが、うち一冊は関西館に収蔵される。

これらの資料を収蔵する閉架式書庫には、収蔵能力を高めるために国内最大規模の移動書庫が採用され、コンピュータ制御の無人搬送車で資料の書庫からの出し入れを自動化するなど、情報化社会に対応しようと試みている。
閲覧室には検索用の端末が用意され、蔵書検索や閉架図書の閲覧請求などが可能となっている。

一方、総合閲覧室には、開架式で日本語および欧米語の参考図書、抄録・索引誌、国内の官庁出版物・法令議会資料、図書館情報学資料、主要な雑誌・新聞、全国の電話帳が閲覧に供されている。

アジア情報室では、アジアに関連する日本語および外国語の図書、定期刊行物(雑誌、学術誌)、新聞などが開架式図書館に配架されている。
また、アジア各国の書誌情報や図書館所蔵、新聞記事名検索データベースを利用できる端末もあるが、一部については印刷が出来ない。

希望者は、閲覧室のほか研究室の利用も可能である。
ただし、同館資料を利用する場合に限られる。

カフェテリア・売店

4階にカフェテリアおよび売店がある。
現在は衆議院共済組合が運営しているが、今後は運営業者の公募が行われる予定である。
館外にもファミリーレストランが数軒ある。

アクセス

片町線 祝園駅・近鉄京都線 新祝園駅から奈良交通バス39・41系統もしくは精華くるりんバス南ルートに乗車、国立国会図書館下車(所要時間10分)。

近鉄けいはんな線 学研奈良登美ヶ丘駅から奈良交通バス41・47・48系統に乗車、国立国会図書館下車(所要時間 約15分)。

[English Translation]