室大墓古墳 ({{engl}})

室大墓古墳(むろのおおばかこふん)は、奈良県御所市に所在する古墳時代中期前半の前方後円墳である。
「宮山(みややま)古墳」、「室宮山古墳」とも言う。

概要

墳丘長238m。

後円部上に立てられた靫(ゆぎ)埴輪は高さ147cm、最大幅99.5cmある。

位置

埋葬施設

天井石に石棺と同質の黄土色の流紋岩質溶結凝灰岩が使用され、壁石には緑泥石片岩、石墨片岩などの結晶片岩が使われている。
結晶片岩は紀の川の岩石であり、流紋岩質溶結凝灰岩は、兵庫県加古川市付近に広く分布する姫路酸性岩と呼ばれている溶結凝灰岩である。

[English Translation]