宮塚古墳 (埼玉県) ({{engl}})

宮塚古墳(みやづかこふん)は埼玉県熊谷市広瀬608番地にある上円下方墳である。

概要

小規模古墳が密集する広瀬古墳群中の1基であり、7世紀後半の築造。
東辺17メートル、西辺24メートル、高さ4.1メートル規模の方基状の土盛りに径約10メートル、高さ約2.50メートルの上円部が築成されている。
関東地方では珍しく、墳丘は上円下方の形態をとどめる。
元来円墳か方墳であったのが後世の耕作によって削られただけなのではないか、という見解がある。
葺石の一部も残存している。
山王と称せられる平地にあるため「山王塚」とも称する。
また、「お供え塚」の別称もある。

史跡指定

1956年(昭和31年)5月15日、国の史跡に指定された。

[English Translation]