流造 ({{engl}})

流造(ながれづくり)は、日本の神社建築の1つである。

概要

賀茂別雷神社(上賀茂神社)、賀茂御祖神社(下鴨神社)に代表される流造は、伊勢神宮に代表される神明造から発展した。
屋根が反り、屋根が前に曲線形に長く伸びて向拝(こうはい、庇)となったもの。
全国で最も多い神社建築である。

構造

流造の構造は、切妻造・平入であり、屋根には大社造同様の優美な曲線が与えられる。
この点で直線的な外観の神明造と異なる。

屋根

神明造と異なり、萱葺に限らず柿葺や檜皮葺など幅広い。

側面の破風は懸魚などで修飾され、優美な曲線を描く。

屋根の勾配はきつくない。
前面に長く流れるように伸びる蓑甲(みのこう)から向拝にかけての曲線を強調する。


神明造同様、左右対称で、左右方向には偶数本の柱が配される。

母屋の柱は丸柱、向拝は面取角柱で上に舟肘木を載せる。

桁行(横に並んだ柱の間)が1間であれば(柱が2本)一間社流造、3間であれば(柱が4本)三間社流造という。


正面中央の1か所に観音開きの御扉による開口部が設けられる。


土台の高さに浜床、階段上に母屋床をはる。

流造の歴史

神明造の発展型であることから歴史は浅い。
現存する最古のものは宇治上神社本殿で、平安時代後期の建築である。

[English Translation]