福知山ファミリー ({{engl}})

福知山ファミリー(ふくちやまファミリー)とは、京都府福知山市にあるショッピングセンターである。

JR福知山駅北口を出て駅正面通り商店街に隣接する大型商業施設で、昔から隣接するさとうの福知山ショッピングセンターと競争しながら発展してきた。
集客力が大きく、昔は現在の丹波市や朝来市、豊岡市などからもたくさんの来客し、開店前から行列が出来たという。
しかし、最近ではジャスコやプラントなどの郊外型大店舗が増えるなどの影響を受けて不況にたたされている。
そのため数々のアイデアを実行している。

概要

福知山ファミリーは、福知山駅北口のすぐ近くに1972年(昭和47年)に開業した。
福知山市街地東部の新町商店街から多く出店した。
最初は4階にボウリング場があった。
但馬地方、丹後地方あ丹波地方のいわゆる三丹地方からたくさんの人々が来店した。
当時、三丹地方にはまだこうした大型店が無く、デパート的な存在であった。
その後、イズミヤが出店してさらに集客力が増した。
隣のさとうと競争しながら互いに発展していった。
かつて、店内にはスーパーや婦人服、雑貨店、外食店舗、地元の和菓子店、スポーツ用品店、ゲームセンター、ブランド品店が入るなど多様性があり、地域でも人気のスポットであった。

しかし、ジャスコなどのロードサイド店舗の出店の影響で客足が減り、売り上げも落ち、2000年9月にキーテナントのイズミヤが撤退、さらに4階や5階などに空きスペースが増加し、現在では文化教室や街作りセンターなどになってしまっている。

その結果、福知山ファミリーは2007年1月24日に自己破産を申請するに至った。
そして破産管財人が平成20年2月末に閉館することを通告することにいたった。
そうした結果、たくさんの店舗が移転または閉店を余儀なくされ福知山の商都の象徴が閉館する方向に進んだ。
しかし、1店舗がファミリーの再生に乗り出して閉館は免れた。
また閉館するかもしれないというニュースを聞き、NPO法人が買い取り再生に乗り出した。
現在テナントを募集している(その間現在は開店している)。
まだまだ、駅前という立地条件を生かした福知山ファミリーの再生は可能でお年寄りの方などはたくさん利用されている。
また、現在同じ福知山駅北で福知山駅北大規模街区(福知山駅北街区事業コンペ)として福知山市が商業施設を募集している。
こうした福知山周辺の再開発が進んでおり、まだまだ発展を遂げることは間違いない。

[English Translation]