久世家 ({{engl}})

久世家(くぜけ)は、村上源氏系の堂上家(新家)。
家格は羽林家。
家禄は200石。

久我家19代久我敦通の次男・久世通式が元和_(日本)5年(1619年)に久我家領であった京都郊外の下久世村に所領を分与されて成立する。
初代は久世久世通式で細川忠隆の三女福姫が正室。

久我家から分岐した公家諸家としては、久世家の他に中院家、六条家六条家(村上源氏)、岩倉家、千種家、東久世家、梅渓家、愛宕家、植松家の8家がある。

8代目にあたる久世通煕は幕末に公武合体派として活躍し、万延元年(1860年)8月から慶応3年4月(1867年)まで(途中文久2年(1862年)9月から翌年12月を除く)にかけて議奏を務めた。

明治17年(1884年)に通煕の子・久世通章が子爵に叙せられる。
通章は明治に衰退した蹴鞠の保護に尽力したことでも知られている。

[English Translation]