西大路家 ({{engl}})

西大路家(にしおおじけ)は、羽林家の家格を持つ公家である。
藤原北家藤原末茂流であり四条家の分家である。
家業は、書道である。
家紋は、田字草。
江戸時代の家禄は100石。
明治維新後、子爵を授爵した。

概要

古文書によると四条隆綱を祖とする場合と孫の四条隆政を祖とする場合とがあり明確には分かってはいない。
西大路隆仲の代から西大路の姓が明記されている。
隆仲以降公卿を代々輩出していたのであったが西大路隆範の代に中絶。
その後広橋総光の子西大路隆郷が西大路家を再興し1708年に公卿に再び任命されてから幕末まで代々公卿に任命された。
江戸時代の西大路家の石高は100石であった。

菩提寺は龍光院 (京都市北区)である。

著名な人物

西大路隆仲
西大路隆富
西大路隆範
西大路隆栄
西大路隆業
西大路隆良
西大路隆明
西大路隆枝

[English Translation]